男性は卒業式、成人式、結婚式などの催しには、紋付袴を着用することがあります。女性よりも着物を着る機会は少ないので、買うよりもレンタルを利用する方が良いです。紋付袴を実際に購入すると、値段を安いものを選んでも十数万はかかってしまいます。着る回数が数える程度なら、レンタルして借りる方がお得です。レンタルをする際のポイントとして、男性用の着物の貸し出しを行っている貸衣装屋が少ないので、事前に電話などで店に置いてかるか調べて行くようにしましょう。女性物の着物は扱っていても、男性物の着物は置いていないことがあるので気を付けるようにします。借りる着物の値段についても、数千円から一万円台の値段の紋付袴は避けることをおすすめします。料金が安いものは質が悪いことが多いです。

衣装を借りる目安とするべき値段と試着について

大切な行事に出るために紋付袴を着るので、身につける衣装は貧相に見えない質の良いものを選ぶようにします。貸し出し料金が安すぎるものは生地が傷んでいたり、薄っぺらい感じの着物ばかりになります。レンタルするのなら目安として、3万前後のクラスだと品質の良い黒紋付袴を探すことができます。色物のものだと黒よりも少々値段が上がり、4万円台となります。店で気に入った紋付袴を見つけられたら、そこで試着させてもらいましょう。着物を着るのは手間がかかり試着を面倒に思うかもしれませんが、実際に試してみないとサイズが自分に合っているか、肌触りが悪く着心地が不愉快ではないかを確かめることができません。試着をしないで本番前に着て、良くないと分かっては大問題です。試着は必ず行うようにします。

借りる時に着付けサービスも頼んでおく

おめあての紋付袴を決め試着をしレンタル契約を結ぶ段階になったら、店で着付けサービスをお願いしておきましょう。全ての貸衣装屋で行っているのではないのですが、有料で着付けサービスを行っている店もあります。しているようなら料金はかかりますが、着付けを予約しておくとキレイに着こなすことができます。出張の着付けサービスもやっているなら、そちらの方が良いでしょう。レンタルした貸衣装屋で着付けサービスを行っていない場合には、着付けをしてくれる美容院や着付け教室を探すようにします。ネットなどでは着付けの方法を詳細に紹介しているものもあり、自分で着ることも可能です。ですが、プロに頼んだ方が自分でするよりも時間がかからず、立派な仕上がりになります。ぜひ美容院、着付け教室の方に依頼しましょう。