女性が成人式に出席する時は振袖が定番のように、男性が成人式に出血する時はスーツ以外だと紋付袴が定番となります。紋付袴を着用しての出席を希望するのなら、早めにレンタルしてくれる着物屋を探すようにしましょう。振袖は成人式の時以外にも利用することがありますが、男性の紋付袴は着ることが少ないので借りる方がお得です。レンタルをするのなら早めに着物屋を探しておいた方が良いのは、トラブルなく借りるためです。男性用の正式な着物のレンタルを行っている店は少なく、成人式ギリギリになると予約が殺到し借りられない場合があります。そうならないために男性用の着物を扱う着物屋を見つけて、余裕を持って予約を入れておきましょう。借りる際にはサービス内容も、きちんと確認しておく方が安心です。

着物以外に必要な道具も借りておこう

着物を上品に着こなすには紋付袴だけではなく、他の道具も必要となります。男性の着物姿に必要なものは、羽織、襦袢、足袋、伊達締め、帯、下駄の6種類が要ります。これも買うとなるとお金がかかるので、着物と一緒にまとめて借りておきましょう。道具がそろっていないと、紋付袴だけでは不格好に映ってしまいます。男性用の着物と同じく、男性用の和服の道具の置いている着物屋は少ないので、着物をレンタルした後に道具に気付いて追加のレンタルを頼んでも、数の少なさから他の人に予約されてしまい借りられない事態になることがあります。店で最初に着物以外の道具もレンタルできるか確認し、レンタルできるのなら予約します。予算は3万から5万かかると見積もっておき、料金が不足しないよう用意しておきましょう。

着付けとヘアセットのサービスを利用する

紋付袴をレンタルする際に、着付けとヘアセットのサービスを行っていないか忘れずに聞くようにします。和服は着るのが難しく女性用の着物よりは楽ですが、男性用の着物も自分で着付けるのは手間です。着物屋は無料か有料で着付けサービスをしてくれる所もあります。まずは無料でサービスをしているか、店の人に質問しましょう。有料の場合でも、プロの手だと着付けを上手にしてもらえるので、利用することをおすすめします。着付けサービスの他に、ヘアセットも行っていないかも確認するようにします。和風用のヘアセットは美容院では世人式当日に予約が取りにくいので、着物屋でしてもらえるのならお願いするようにします。ヘアセットは無料ではなくオプションサービスになることが多いですが、着物屋で頼めるなら着付けかヘアセットまで全てできるので便利です。